8月の無料コンテンツが利用可能になりました!

インカメラ VFX 制作テスト

インカメラ VFX 制作テスト プロジェクトは LED ウォールと Unreal Engine を使ったライブアクション映像制作の可能性の全体像を示した実際のサンプルになります。

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    4.27
インカメラ VFX ワークフローを正しく検証するには、大作映画、テレビ番組、コマーシャルなどに適した最終出力品質レベルのリアルタイム環境が必要です。このことを念頭において、Epic Games は Unreal Engine 4.27 で行ったインカメラ VFX 制作テストからの 3 シーンを含むプロジェクトを公開します。ステージを使った実際の撮影の規模、複雑さを反映するワールドになっています。また、Unreal Engine が提供するライブでのクリエイティブ操作機能を映像制作者がフルに活用できるように、役立つ機能とコンセプトも紹介しています。さらに、Unreal Engine のオペレーターに対するロードマップとしても機能します。小規模なテスト環境を卒業し、装備が整った LED ボリュームを展開して、バーチャルプロダクションのゴールに向かう道のりを示します。

インカメラ VFX 制作テスト プロジェクトで、マルチユーザーの nDisplay システムを準備してみましょう。撮影を煮詰める監督の要求に合わせて LED ウォールのカラーグレーディングを微調整する方法や、ウェブアプリケーションによるリモートコントロールといった高度なトピックについても説明しています。撮影監督や照明技師がライティング変更を要求した時にも高速な対応を可能にする GPU Lightmass を使う方法についても学びましょう。Unreal Engine でのバーチャルプロダクション プロジェクトにおけるアーティストのコラボレーションを支えるためのプロジェクト構成法といった技術トピックもカバーしています。正確な色キャリブレーションのための OpenColorIO(OCIO)のセットアップ、制作テストで撮影を行った NatStudios LED ステージ向けの複数 GPU(mGPU) を使用する nDisplay 設定方法などです。

このプロジェクトは単一の PC でも実行可能ですが、すべての要素を体験するには複数 PC が必要になります。

Unreal Engine ベースの製品にのみ使用がライセンスされます。

テクニカルノート

ドキュメントを読む
ブログ